Blog Bilain Guilain

忘れていた過去

死都

忘れていた過去

過去忘れていた過去

キッチンでガラスポットに水を入れていた。いつもやっている事なのに、ポットを持っている手が下がりそうになる。力が入らないのだ。たかだか750mlのポットなのに。鎖骨の下のくぼみが痛い。これはおいでなすったの現象だ。改善作用である。

私は左肩を痛めていた。すっかりそんなこと忘れていたけれど、細胞はちゃんと覚えている。あれはバスの中での激突事故だった。

激突アニメその1
激突ーその1

思えば膝の怪我も、激突が原因で、そこを痛めていたから起きた。激突のことは忘れていた。けれども4年前、修復のためにホメオパシーが起きた。細胞は修復のために痛みを出すのであって、恨みのためではない。恨みがあるとしたら、それは細胞ではなく私のアストラル・レベルの問題だ。でもすでに「よくもやったな!」の気持ちも、忘れていた。そして事態は進んでいた。

膝パンチ
激突ーその2

物事が起きるには原因があるからだと、思っている。病気になるのも、事故に遭うのも原因があるからだと。そしてその原因が何なのか? 長らく自分は追及してきた。激突したのは二人とも男性だから、私は今生で異性と、これ以上衝突することはないだろうと思った。つまりこれは前世におけるラブ・アフェアの解消だと。前世で私は男だったから今、女性になり、相手は男性になり、そうしてお互いやったりやられたりのサイクルをこなしたのだと。しかし、もうこんなこと考えなくていいんだと突然、気が付いた。

と、言うのも、肩が痛いので、寝しなにホ・オポノポノの言葉に集中する記憶と潜在意識のクリーニングをやってみたら、意外な体験をしたのだ。

四つの言葉によるヒーリング
4つの言葉のヒーリング

ごめんなさいの言葉の中に、痛みがウイーンと抜けて行ったと思ったら、夢を見た。夢の中で、私は見知らぬ女性を毒殺した。飲み物の中に毒を入れて、様子をみていると、女性は苦しんでいるが、なかなかこと切れない。まずいなぁと思っていると、大きな浴場の湯船の中で溺死しているのを透視した。すると場面転換。電話でガミガミ話す男の声が背後から追いかけて来る。うるさいので屋外へ逃げて、溺死女の家から逃走しているところで目が覚めた。嫌な夢だなぁと思って、もう寝ないで起きなくちゃと思ったのが、明け方の4時半だった。もう、あの夢の中へ戻るまいと、再び目を開けたら、6時半になっていた。

ここで夢判断。女性を毒殺したのは、今までいいと思っていたことが、そうじゃなくなった現れ。なかなか彼女が死なないのは、そうじゃなくなったの?うそでしょ?って疑っているから。追いかけて来るガミガミ男の声から、逃げ切ったのだから、私は新しい考え方へ、一歩踏み出したところなのだ。過去の価値観=「物事には原因があって、それが何なのか?理解しなくちゃいけない!」だけど、今やこれをしつこく追及する必要はないと、解った。この新しい考え方に、切り替える時が来たのだ。南先生も、ホ・オポノポノのクリーニングでも、原因が何か、追及する必要はないとしている。確かにその方が、事態が早く前に進むだろう。原因は過去であって、未来ではないから。だけどね、原因には、勘付いてしまう自分になったんだ。だから、執着しない。しがみつかない。流して行く。ということなんだね。

わが心は過去に涙す

クノップフ先生の「わが心は過去に涙す」のパロディ

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

過去って、今の現実よりロマンチックだなぁ。クノップフ先生の美学はここにあり。大好きなジャンルだけど、これは趣味の問題であって、人生の指針ではない。以前はこの辺りで、混線していたなぁ。

関連記事一覧

  1. 箱に入れる
  2. Gloire du matin bleu
  3. 空に浮かぶ
  4. 烏賊の目玉
  5. 真夜中のカラス
  6. みろく

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

最近の記事

  1. クマの人形

    2020.09.24

    気にしない
  2. 空に浮かぶ
  3. Gloire du matin bleu

    2020.09.20

    朝の栄光
  4. 鳩の声

    2020.09.17

    鳩の声
  5. 死都
Banner
PAGE TOP