Blog いんぱるぱぶれ

庭からの収穫──苺の化粧水

苺の化粧水

庭からの収穫──苺の化粧水

苺の化粧水   庭からの収穫──苺の化粧水

ドクダミ水を作り始めてから、もう20年くらいになる。ドクダミ+シダになって、ドクダミ水に蛇イチゴをいれてみたらキュート! 苺が香る赤い化粧水になった。春先は顔に炎症が出るので、この苺化粧水を使っている。炎症の跡が残らないので、いいんじゃないかな? 

今年は梅の花が咲いた後、雨が続いたので枝を切らないままになった。雨上がりに見に行くと案の定、もう実がついていた。自然の営みは律儀だ。梅雨のもうひと雨を待って、実を収穫した。蜂蜜漬けと酢漬けにして、ひと月ほど置いて、もう食べごろなのだ。

夏はトマトと心太(ところてん)で、乗り切るので、梅の香りのお酢が重宝する。梅蜂蜜にオリゴ糖を少々、塩とショウガ粉も少々入れて、炭酸水で割る即席ジンジャーエールもいい。

庭の片隅にはミョウガの茂み。もしかして、あるかな? 根っこのところを手探りすると、あった! 一個、二個、三個・・・花が咲いているのも入れて六個。ミョウガは辛子醤油の梅酢漬けにして、さっぱりと頂きました。秋口に、母がミョウガご飯を炊いていたのを思い出すなぁ。草ぼうぼうの庭だけど、こういうのが楽しい。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

基礎化粧の中で、化粧水が一番好き。石鹸もいいな。うちのおばあちゃんは、蜂蜜入りの石鹸が好きだったのよ。

苺の化粧水
ナニーと過ごすフェミニンな時間

このところ自分の想う絵を、きちんと描いていなかったのでタイトル画をリベンジ。今年もクーラーをかけないで暮らしていて、夜は涼しいので、天窓から夜気を入れる──こんな風に夜が涼しくなったのは、ここ数年の出来事──虫が入ってこないように電気を点けないでいたら、暮れて行く夜が面白くてPCも点けないでいた。でもやっぱり、描かずにはいられないのデシタ。

そうは言ってもこれまでに、天窓のところでブーン、カチって音が2度した。何か来ているんだけど暗くて見えない。見なくてもいいや。こんなこともありマシタ

関連記事一覧

  1. 縁切りの図
  2. ろうそくの明かり
  3. 烏賊の目玉
  4. パステル
  5. 死と思い出
  6. マーブリングブック
2023年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

コメント

最近の記事

  1. 闇を聴く

    2024.03.27

    闇を聴く
  2. 前世の修復

    2024.03.5

    前世の修復
  3. トルマリン湯

    2024.02.24

    トルマリン湯
  4. ハイゴ
  5. 愛と調和
Banner

歩き回る植物

PAGE TOP