Blog いんぱるぱぶれ

モルグで通訳をせよ

モルグ

モルグで通訳をせよ

モルグ モルグで通訳をせよ

死体置き場で、何を通訳しろというのか? モルグで通訳をする・・・この言葉の裏にあるものは、何だろう? 石畳の道を歩きながら、私は考える。

大きなシャッターが閉まっている。横の小さな扉は開いている。ここがモルグだ。通訳をするったって、どうすりゃいいの? 素知らぬ顔で、私は通り過ぎる。呼び止める人もないので。ところがある時、はたと呼び戻された。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 

人が死を迎えた時、人の欲求が作り上げた感情体は、肉体周辺を漂っているので、肉体を焼き払うことで、この世への執着を絶ち切ることができるという。

肉体から命が引き上げられたあとも、想念が残っているというわけだから、人間というのはなかなか複雑なもの。この手の想念が、時としてお化けに見えたりするんじゃな~い?

モルグ

それからこんな話も。地球の長い歴史の中で、大地は死体を飲み込み過ぎてしまったから、火葬は土葬より地球に負担をかけない方法なのだと。死ぬ時だってエコロジーであるべき、だよネ?

つまり燃やすって、尊いことだったんだと、今さら気が付いたりして。火の作用は神性の表現、人が炎を神聖視してきたのには、こういう意味があったのだ。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 

目を閉じて モルグで通訳をせよ。10代の終わりに夢で見た言葉。それをずっとずっと考えていたら、アリス・ベイリーの本(秘教治療・下)に、火葬は土葬より云々、なんてことが書いてあって、ははぁ、死んだ身体をどうするかにも、ちゃんと意味があるんだと合点した次第。以前は宿題もらっちゃうような夢を、けっこう見ていたんだけど、最近は少し先のことについて、予言めいた夢を見ています。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 

ホントは恋人たちについて、書こうと思っていたのに、モルグになっちゃうモニカの不思議な時間デシタ。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 

関連記事一覧

  1. 青年は全てを愛していた
  2. 暗闇から光へ
  3. 20年の自殺
  4. 降り注ぐ光
  5. シェル
  6. 夜咄・その2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

コメント

最近の記事

  1. 悪魔の誘惑

    2024.05.8

    悪魔の誘惑
  2. 闇を聴く

    2024.03.27

    闇を聴く
  3. 前世の修復

    2024.03.5

    前世の修復
  4. トルマリン湯

    2024.02.24

    トルマリン湯
Banner

歩き回る植物

PAGE TOP