Blog いんぱるぱぶれ

怪我をした その2 怪我の功名

怪我の功名

怪我をした その2 怪我の功名

授乳 怪我をした その2 怪我の功名

怪我の功名とは、南先生の言葉であります。今回の怪我で気付きがあったのは、先生の促しのお陰だったと、お伝えしたら「怪我の功名ですね」と、お返事を頂いたのでした。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆  

怪我の二日目も、まだ長らくタテになっていられなかったので、横になりつつ考えていた。すると、すごくムカつくビジョンがふたつ浮かんできた。ひとつは赤ちゃんがおっぱいを飲んでいるところ。これを見るとなぜかは知らねど、腹が立つ自分がいた。今なら、母の面影を求めていた自分をして、母乳で育っていないことが、ムカつく原因だと解る。これは明らかにジェラシーだ。自分には与えられなかった安逸の時。母が自己犠牲を私に出し惜しみした恨み・・・来た来た。母に関する潜在的なものが、次々と出てきた。出てきたからには、ようこそ、いらっしゃいました!と、素直に認めて受け入れる。私は目をつぶって、赤ん坊だった頃の自分にもどり、母の乳房を吸うところをじっと心に思い描いた。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆  

母の乳房を吸う

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆  

もうひとつは「ふしぎなポケット」の歌。この歌を聴くと、甘ったれたこと言いやがって!と、子供心にムカついていた。食べることに不自由はなかった証拠に、私は栄養満点、太めで背も高い大きな子供だった。4歳から台所に立っていた私は、パンケーキを焼くのが得意で(当時はホットケーキと言っていた)おやつによく作っていたし、おばあちゃんもよく作ってくれた。友達にうらやましがれたこともあって、ちょっと自慢だった。

しかし、お子様ランチなんか食べないわよっ!の、ツッパリ童子だったのだ。自分に子供らしさを禁じていた。やはりこれも片親で、寮母をしていた祖母のもとで、しっかり者を演じていたせい。子供のころは、ちゃんと子供でいいんだよネ。つまりこれもツッパリ疲れ。本当はふしぎなポケットが欲しかったのだ。だから、これも認めて受け入れる。

お世話になったシスターが、お菓子の中ではビスケットが一番好きだとおっしゃっていたっけ。それにクッキーモンスターなんてキャラクターもいた。英語でビスケット、米語でクッキー、仏語でビスキュイ。うん、確かに世界中で愛されているお菓子だ。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆  

ふしぎなポケット

まど・みちお 作詞/渡辺 茂 作曲の童謡

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 

 思えば、まど・みちお先生ってスゴイお方!こういう素直な感性を、生涯お持ちだったわけだから。素直に生きるって、本当に大切なことだ。つい、ひねくれてツッパルんだからね。インナーチャイルドとも、ちゃんと和解しておかないと、こういうことになるんだ。きちんと心得ておかなくちゃ。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 

それからもうひとつ、左の仙腸関節に、おととしからあらわれたまま、ずっと治らない炎症も、今回の怪我の要因だったと、考察を続けている。

つづく

関連記事一覧

  1. やばい!
  2. だから笑って
  3. 指揮者
  4. アストラル体4
  5. 目を閉じて

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ

コメント

最近の記事

  1. 赤くなる

    2021.11.24

    その瞬間・1
  2. やばい!

    2021.11.8

    山頂より
  3. ひよこ天使
  4. 真我
  5. 何やってるんだ?

    2021.10.5

    悪夢
Banner
PAGE TOP