Blog いんぱるぱぶれ

蛇イチゴとカエル

蛇イチゴとカエル

蛇イチゴとカエル

蛇イチゴとカエル 蛇イチゴとカエル

今年は春の訪れに遅れまいと庭に出た。さあ、草むしりだ! 去年はイタドリとブタナのオンパレードだったけど、今年はどうだろう。イタドリもブタナもまだ小さな状態。はやくも庭を覆っていたのはカラスエンドウと蛇イチゴだった。カラスエンドウは土の中に漉き込むと、いい肥しになるそう。マメ科の植物って人にも土にも栄養になるんだね。それから蛇イチゴの黄色い小さな花が可憐だ。別名毒イチゴなんて聞こえが悪いんだけど、じつは無毒で実をアルコール漬けにすれば、虫刺されに有効で、利尿作用もあるそうだから、デトックス効果大。庭のドクダミを漬け込んだものは、もうずっと愛用していて、虫刺されはもちろん、すり傷や切り傷にも使える。植物の薬効は穏やかで効果的だ。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

我が家の庭は湿地なので、小さなシダが顔を出し始めている。シダの発芽したてが、ワラビだったとは知らなかった。葉っぱになっているところしか見たことがないので、食べたことはないんだけど、切れ込みのたくさん入ったシダの葉はオシャレ、庭のぐるりに生えていたら素敵だ。自然を統制するのが庭仕事。でも、なかなか的確に行かない。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

私は家の庭が、嫌いだったけど、庭いじりをしていると、生き生きとした植物のエネルギーが伝わって、こちらも元気になるような気がする。

庭を全く構いつけないでいたころ、全体がすっかりになって、分け入ると薄暗いほどだった。草木が身の丈よりも高く伸びて重なり合い、絡まり合って、なお繁茂して行くさまは、まるで秘密の小部屋を編んでいるようだった。佇んでいると、どこか官能的な気分になったのは、植物たちの旺盛な生命力ゆえだったのだと、今にして思う。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

ところどころ、芝も生えている。これはずいぶん前に日陰でも育つ芝の種をまいたのが、ずっと生き残っていたってこと。こちらはすっかり忘れていたんだから、自然は律儀だ。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

そして、おととし植えた白ナンテン。冬の木の実っていいなと思ったんだけど、少し大きくなって枝葉が茂ってきたので、根元の風通しを良くして、日が当たるようにしようと、枯草をガシガシっと取り除いたら、あら、こんなところに枯れ葉が一枚。あれ、枯れ葉がひとりでに動く…? ツチガエルだ! ノコノコと繁みの方へ歩き去った。初めて庭にカエルがいるって発見したのは、おばあちゃんだったから、カエルもいったい何代目になったんだろう? おばあちゃんたら「見てはいけない!」なんて言うから「何よ!?」って覗いたらカエルだった。どうして見てはいけないんだろうと思ったけど、ちっこいヒップをこちらに向けて、じっとしている庭のカエルは、やっぱりちょっと気味が悪い。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

白ナンテンを植えたところは、裏鬼門にあたるから、カエルはもしかして、お守りさんかも? 鬼門除けって実感がなかったから、どういうことか知りたくて、ナンテンに興味を持ったんだけど、福があるなら鬼もあり。悪もおろがめよ(拝みなさい)っていうから、一見、不気味なものが、理解を進めるってことは、大いにあり得る。悪を拝むなんて間違っていると思いそうだけど、自分の中の負のエネルギーが変わるってことなんじゃないか? 

負の波動が正常波動になる。周りを変えようなんて思わないで、自分が変われば周りも変わってくるって考える方が正解。だからカエル、なんだよね。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

関連記事一覧

  1. 走る猫子さんたち
  2. 愛の部屋2
  3. 贅沢な時間
  4. どうしたんだい?
  5. 本当に好きなもの
  6. 書架の悪魔

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ

コメント

最近の記事

  1. glam
  2. 反復

    2021.07.15

    反復
  3. 窓とかまきり

    2021.07.13

    カマキリ
  4. 妖精殺し

    2021.07.8

    妖精殺し
  5. 左から右

    2021.07.4

    Left to Right
Banner
PAGE TOP