Blog いんぱるぱぶれ

梅・即興曲

梅幻想

梅・即興曲

梅幻想 即興曲

梅の花が咲いた。

早朝、まだ薄暗い庭先で、花盛りの小枝を切る。花切狭の音が響いて、梅の薄くれないが、ピンと張りつめた空気の中でほのかに光る。

ガラスの丸い花瓶に水を汲んで活ける。いい匂いだね。小さな花が並んで可愛い。こんなに梅の花が可憐だとは思わなかった。もう何十年も前から、祖母が植えたと言うこの紅梅は、家の庭で咲いていたというのに、部屋の中に活けたのは、初めてじゃないかな? 梅って外で眺めるものだと思っていたから、梅との関係がひとつ新しくなる。

花のあと、この木は実をつけるので、初夏のころ、実を採るために花枝をそのままにしてきたのだ。だんだん木が大きくなって、実をもぐために、上の方まで登るようになった。梅が伸ばした枝なりに、自分も体を沿わして手を伸ばす。緑の丸い実をふたつ、みっつと、手のひらで包み込むようにしてもぐ。そのとき梅の木と自分の間には、不思議な一体感が生まれる。いつもは何でもない傍らの木が、急に親しい存在になる。それで木から下りた時は、いつもちょっとハイになっている。

樹木はいつも、人とコンタクトを取りたがっていると言う。「あなたの心を優しく包むために、私たちはここに立っているんですよ」と、樹木の声なき声が言う。だから木のそばに行くと、なんだか安心するんだね。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

花瓶に生けた梅の花を、テーブルの上に置く。清涼感のある梅の香りには、ほんの少し苦みが混ざっている。この苦みが、梅の凛としているゆえん。ようこそ私の部屋へ。枝のてっぺんには、つぼみが一つ二つ。きっと明日には開くなぁ。

花瓶に生けるには、ちょっと短い小枝たち、どうしようか? 小さな花束? 梅のブーケなんて見たことないけど、薄紙にくるんで束ねてみる。仕上げにつぼみを支える咢色の紐で、小さく蝶結びにする。おっ、プチギフトの出来上がり。うん、プレゼントしよう。

梅のブーケ

ブーケを持って外へ出た途端、ホーホケキョの声を聞く。あ、これで二度目。角の菜園、あそこの老梅にウグイスがきているのだ。この前より歌が上手くなっている。今度、うちにも来てよねと、あてずっぽうに話かけて、私はブーケを届けに歩き出した。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

夜、梅の花はテーブルの上で、朝と変わらない香りを放ちながら、花粉をぱらぱらと落としている。空には上限の月。木に咲く花は、昼夜を通して咲き続けるから、花の精は休むことなく今も、働いている。私が届けたあの小さなブーケの中でも。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

ブーケのゆくえは、また今度。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

梅・即興曲

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

関連記事一覧

  1. こっちを見てる
  2. まなこ
  3. lovers
  4. ヒエラルキー
  5. 紫陽花断想
  6. 沈黙の中で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年2月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

アーカイブ

コメント

最近の記事

  1. 天使のヘソ

    2021.09.13

    天使のヘソ
  2. 3から6
  3. 前世の顔

    2021.08.23

    前世の顔
  4. lovers

    2021.08.14

    恋人たち
  5. モルグ
Banner
PAGE TOP