Blog いんぱるぱぶれ

大天使ガブリエル

大天使ガブリエル

大天使ガブリエル

大天使ガブリエル 大天使ガブリエル

Thank you for reading this post, don't forget to subscribe!

朝起きたら、ガブリエルの歌と思った。夢の中で、何やら考えていたらしい。さて、どうしたものか?

ガブリエルとは「神の人」の意味で、神の言葉を語る者・・・彼は洗礼者ヨハネの誕生を告げにザカリアを訪れている。しかしザカリアは信じない。自分も妻も高齢だったので、子を授かると思えなかったのだ。お告げを信じなかったザカリアは、口が聞けなくなった。生まれた息子の名を言うことができなかったので、仕方なく板に書くと、途端に癒されたという。信じないとは、かくも不自由なことらしい。かつザカリアは祭司であったので、昔から世の中、こういうものという話に聞こえる。

大天使ガブリエル ガブリエルの歌が歌われていたのは、今からざっと百年前。神風が吹いて日本はロシアを負かしたと、浮かれていた頃。奇しくも今の時勢は、当時と似ている。一触即発、世界戦争へ突入しそうな気配。もちろん、そんなことになってはならない。戦争が繰り返されるのは、これでは駄目だと、みんなが心を合わせるためなのか? みんなの心がひとつになるまで、こんな風なのだろうか?

人の心の中には、天使のエッセンスがあるという。みんなそこに、気が付こうとしていない。

獣の頭を押える天使

関連記事一覧

  1. 波動修正
  2. 月光浴
  3. 満月と変身
  4. アストラルーメンタル
  5. petal
  6. harmony of love
2023年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

コメント

最近の記事

  1. 闇を聴く

    2024.03.27

    闇を聴く
  2. 前世の修復

    2024.03.5

    前世の修復
  3. トルマリン湯

    2024.02.24

    トルマリン湯
  4. ハイゴ
  5. 愛と調和
Banner

歩き回る植物

PAGE TOP