Blog いんぱるぱぶれ

幼子のように

幼子のように

幼子のように

幼子のように 幼子のように

今年の正月明けにおまかせの境地、空っぽになる練習をすると言ってから、半年が経過した。南先生から、空っぽになると神の意識に近くなるというお話を聞いて、絶対にそうなりたい!と、固めた決心をゆるめずに今日まで来てみれば、ぱっと最初に思い浮かんだことを実行するようになって、その結果はいつも正解だった。

おまかせの境地は、幼子のようになること。ザカリアのように疑わずに信じること。信じないと不自由になり、信じると自由になれる。口がきけなくなったザカリアの話は、そこを教えているのではなかったか?

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

「幼子のようにならなければ、神の国に入ることはできない」とは、おまかせの境地になる・・・直観を信じることではないだろうか? 生後数か月の間、頭上のひよめきが閉じないのは銀の紐を伝って、この世を生きるための知恵が注がれているからだと言う。銀の紐から授かった知恵を信頼すること。

祖母の亡くなった年に、困り果てていた私の頭にブスリと刺さったコンセント! あれが銀の紐の実態だったと思えるので、日常生活の中、人はちゃんと霊界とつながって生きている。

幼子のように生きる。クマちゃんを抱いて、澄んだ心で眠っていたあの境地。あの頃と今は、霊的につながっていて、眠りの時間には、日々学習を進めている。たとえばこんな風に・・・昼日中、本を読んでいたらふと思いだした、若い女性に「お母さんと呼んでいいですか?」と、言っていたことを。その人が生みの親ではないと判っていたから、何か新しい関係性について、夢の中で体験していたに違いない・・・人は潜在意識の中で、オプティカルに新しい何かを学び続けている。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

関連記事一覧

  1. 静寂
  2. 空の下で
  3. 剥がれ落ちる猫

  4. glam
  5. 剣に誓う
  6. 今宵、新月
2023年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

コメント

最近の記事

  1. 北極星

    2024.06.16

    紫陽花の日
  2. 心で受ける

    2024.06.6

    心で受け取る
  3. 5月の満月

    2024.05.23

    5月の満月
  4. 悪魔の誘惑

    2024.05.8

    悪魔の誘惑
Banner

歩き回る植物

PAGE TOP