Blog Bilain Guilain

月の夜晒し

月の夜晒し

月の夜晒し

月夜 月の夜晒し

人は眠りの中で涅槃に入り、魂に学習・霊感を受けるていると言う。ピンと来ないことが多いんだけど、今朝、起きて一番に「いい気になるな」と、言葉が浮かんだ。あ、これ、ご先祖からのメッセージだ。はいR18の動画、ちゃんと対処致しますと、心の中で言った。

昨日、メル&レオの言い訳GIFアニメを作っていると、天窓からキーっと音がした。うっ?!またなんか入ってきた。祖母が亡くなった年の夏、天窓からカブトムシが入ってきた時と同じだ。当時すっかり参っていたので、あの世からの励ましメッセンジャーが飛んできたのだった。そこで昨日「お前なにやってんだ。しっかりしろ!」のメッセージが来た。今も目の前の壁に止まっている。今回はカメムシだ。日常の中に現れる虫や鳥たちは、ご先祖の魂を運んでいるんだと春水先生から伺った。そういえばカラスも鳴いている。カラスは母だ。というのも、母がこの世から旅経つ日の朝、カラスは私のすぐ前を歩いて知らせに来たから。

そこで、相手のことを考慮せず、自分の思うように、相手を動かそうとか、あるいは自分を押し通そうとする想いの中に「呪い」の種があるんじゃないかと気が付いた。

「月の夜晒し」という話を祖母から聞いたんだけど、これ、彼女のお気に入りで「試聴者の皆様から夏の日に聞く怪談ラジオドラマを募集します」なんてのにシナリオを書いて応募していた。私が朗読を担当したので、よく覚えている。佳作に入選して、オムニバス形式で放送されたのだった。

この怪談、満月の夜に晒した布で着物を仕立てて、それを夫に着せると、どこかへ行ってしまうというおはなしだ。最後のフレーズが有名で、

月の夜晒し、知らで着て、
今は夜神の供をする。

夫を生きながらにして亡き者にする呪いをかける妻。陰の気にどっぷり浸かった着物を着ると、冥府に行ってしまう。話の内容から祖母の深層心理が透けて見える。

月夜

それから、M・スコセッシ監督の「最後の誘惑」という映画。イエスがマグダラのマリアと夫婦になって、子種を残したという話なんだけど、監督はイエスの生涯をそういうことにしてみたかった。作品をつくるって、自分のこうしたいを押し通すところがある。イエスがマリアとメオト?まさか!くっだら・・・だけど作品作りって、こういうところがあるんだ。今までこういう風に、考えたことが、なかったかも知れない。もしかして知らぬ間に、夜神の供をしていたら大変だ。

関連記事一覧

  1. 満月と過去
  2. 今宵、新月
  3. 森をかける松明
  4. 続・忍耐は3で
  5. 頭に稲妻が走る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

コメント

最近の記事

  1. 猫子さんたちの動画

    2020.10.27

    猫子さんたち
  2. ギャラリーを作る
  3. たまご料理

    2020.10.19

    たまご語り
  4. 今宵、新月

    2020.10.18

    今宵、新月
  5. キラとピカ

    2020.10.15

    こころの整理
Banner
PAGE TOP