Blog Bilain Guilain

ひみつ その2

家族

ひみつ その2

ひみつ2 ひみつ その2

霊妙な世界への扉を開いたのは、祖母と母の死だったと以前、書いたけれど、家族が亡くなったら普通、落ち込んだり、泣いたり、しんみりするものだと思っていたのに、私はなぜか、異様にテンション・ハイになっていた。それはご先祖たちからの「おまえ、負けるな!」のエールだったかも知れないし、祖母や母からの思いやりだったかも知れない。以来、自分のものの見方が徐々に、変化し始めたことを自覚している。心の目で見る、観想するといったことの、言葉ではない実地研修が始まったと、言えばいいだろうか?

この世に生をうけるとは、定めし死というゴールも得たことになるんだけれど、魂は普遍だと判れば、何も絶望することはない。祖母と母は亡くなったけれど、彼女たちがあの世で修業を続けていることが、ありありと感じられるようになったので、人間は死なない、魂は普遍だからと、思うようになったのだ。それまでは理屈でしかなかった普遍。普遍性がリアルになって、命についての認識がすごく変わった。それは、この世に生まれるということは、生殖行為の結果だけではなく、もっと霊妙なレベルからやってくるものなんだ。ということだった。

家族

こちら→

神は愛。宣教師サベリオ(ザビエル)がそう言ったとき、日本語には愛に値する言葉がなくて「お大切」という言葉が当てられたという。この「愛」という漢字、一般の漢和辞典には「ものを思い胸がいっぱいで、お腹を抱えながらゆっくり歩く姿」を表していると、書かれていたりするけれど、おおもとの意味は「気」という文字の原型の「旡」で、この旡は、今でいえばニュートリノ、宇宙のおおもとになる物質を表しているというから、昔の人だって既に、宇宙を動かしているエネルギー自体を意識していたことになる。これこそが愛なんだから、日本語ってすごいじゃないか!

旡の巡りをいちばん身近なところで体現しているのは樹木。文字通り木だ。旡=気=木。日本語はこういうところ、含みが深いなぁと思う。木は地面から水分を吸い上げて、自分の糧として光合成を行い、空気中にオゾンや水分を発散する。それらが気流に乗って、空へ昇り雲に達して、雨となる。これが人間の魂の巡りの縮図だと教えてくださったのは、春水先生だ。木は黙ってそこに立っているけれど、常に人とコンタクトを取りたがっているという。ここから、心の目で見る、内観ということが重要になってくる。

人の体も7割が水分だと言われているが、これが魂の巡りの出発点だ。水分は蒸気になって、空へ昇って雲になる。雲は雨を地上に降らす。この場合、雨はただの水分ではなく、あの世へ昇ったご先祖の魂たちが、雨となって降り注ぎ、大地を潤し命を育む、と成る。ヒトダマは青い炎として表現されるけれど、つまり魂は火なのだ。命の中心に火があって、それを広げ拡散するのが水。壮大な命の巡り、宇宙の縮図だ。神が焼きつくす火だと言われるのは、こういうことだったのだ。焼き尽くす火、なんて言われると、家が火事になるのかぁ?なんて、思っていたけれど、いまや新たな視点を得たのだった。

人の誕生には、4つのパターンがあるという。つまり神は4つの方法で、人をお創りになったのだ。まず父母なくして誕生したのが、人類の始祖アダム(力)。それから母なくして誕生したのがエヴァ(命)。父なくしてお生まれになったのがイエス様(私たちの中にいる神)。父母から誕生するのが、私たち人類。私はこれをヤコブス・デ・ヴォラギネの黄金伝説Ⅰで読んで、そうだったのかー!と、大納得した次第。これはキリスト教の考え方ということにとどまらず、きっと普遍的な教えを含んでいる。宗教は、人類が精神を発達させるうえで必要なプロセスで、この世の仕組みについて、理解を進めていく指針であると考えれば、宗教的エッセンスというものが必ずあって、そのエッセンスが目指すところはひとつの真理。この真理を人類になんとか理解させようとやっていらしたのが、マイスター(ブッタ、イエス、アッラー、そのほかの方々)たちだ。日本はいろんな神様が同居して、宗教戦争も起こらず隣り合っている不思議な国なんだけど、これもひとつの火と水のめぐり「ひみつ」なんじゃないかと、私は思っている。

関連記事一覧

  1. エーテルの玉
  2. 赤い月
  3. アストラル体・中
  4. 煙草の煙
  5. Ma Mort
  6. 一致への闘い

コメント

  1. アバター
    • 松本涼
    • 2020年 7月 25日

    壮大な宇宙に通じる世界観。ゆっくりと考えていこうと思いました。

    • 玉野 モニカ

      習ったこと、学んだこと、
      ひとつひとつのピースがハマって、
      ある日、ヴィジョンになる。
      だれしも、そんな時があるんですね。
      そうして、そこからまた、読み取って行く。
      涼さんがおっしゃるように、私も考えて行きたいです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

最近の記事

  1. クマの人形

    2020.09.24

    気にしない
  2. 空に浮かぶ
  3. Gloire du matin bleu

    2020.09.20

    朝の栄光
  4. 鳩の声

    2020.09.17

    鳩の声
  5. 死都
Banner
PAGE TOP