Blog いんぱるぱぶれ

右と左その1

太陽光線

右と左その1

仙骨の治療を受け始めたころ、右の手のひらを太陽にかざして、左手を胸に当てて、太陽のエネルギーを体内に取り込んで、心身をチャージする。というのを読んだ。

Thank you for reading this post, don't forget to subscribe!

右に受けた衝撃

その時はピンとこなかったけれど、仙骨の調整を続けながら、自分が受けた心身のダメージを改善する過程で判ってきたのは、右側は外から受けた影響を取り込む。そして左側は、右から受けた影響をさらに自分の中に入れ込む。ということだった。

2歳で血が薄桃色になる死病(再生不良性貧血)から生還したのちも、私は親に連れられて、採血検査へ行っていた。それは小学校へ上がるまで続いた。いよいよ最後の採血検査になった。それは骨髄穿刺、通称マルクだった。白血病などの検査で有名な痛い注射だけど、私には痛かった覚えはない。左を下にして横向きに寝た態勢で、右大腿部に針を刺した。衝撃で身体が茹でエビのようにぐっと丸まった時、看護師さんが背後から私を押さえたのを覚えている。長きにわたる採血検査で、私はすっかり針を刺すことに慣れっこになっていた。だから注射が怖いなんて思ったことがない。そのせいか、マルクの時も痛みや恐怖はなかった。検査の結果も正常だったので、このときから採血検査を卒業した。しかし問題はそのあとやってきた。

子供頃、歩いていると、自分には脚がないと感じる時があった。当時は何だろうこれ?だったけれど、今ならマルクの衝撃で、脚部のエネルギー体がズレてしまったのだと解かる。長ずるにつれ、その感覚はなくなった。また、背が伸びるとき、つまり脚の骨がのびるとき、必ず右脚全体がだるくなって発熱した。それから30年、マルクの記憶も薄れたころ、ある夜、左を下にして眠っていた私は、どくんと右大腿部に衝撃を覚えた。 これは大きな衝撃を回避するために、小さな衝撃がくるホメオパシーだった。その頃、自分が死病にかかったのは、絶望が原因だったと、ちょうど気が付いた時分だったので、一気に改善が進んだのだ。すでに記憶が薄れたようなダメージも波動修正すると治っていく。エネルギー体には過去生からのダメージも記憶されているから、これはすごいことだ。

右と左その2へ、つづく

関連記事一覧

  1. 赤い月
  2. 黒服
  3. 出ていく想念
  4. 家族
  5. ロットバルトの羽ばたき
  6. 水晶
2020年3月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

コメント

最近の記事

  1. Oh!スピリット
  2. winking
  3. 本当はやりたくないこと
  4. きいろ金色

    2022.09.26

    きいろ金色
  5. 消える時
Banner
PAGE TOP