Blog いんぱるぱぶれ

忍耐は「3」で

ビランの経過観察

忍耐は「3」で

物事は3で進むと教えてくださったのは、春水先生で、私は3で忍耐することを覚えた。3秒に一度の激痛とか、3分経ったら今より痛くなくなっているとか、3時間眠れば何とかなるとか、3日たてば今よりマシだろうとか、3で様子を見る。今は3か月で症状を見ている。1か月目が始まりなら、2か月目は爆発だぁ!3か月目で沈静。このセットを繰り返す。3か月、半年、9か月。3の忍耐。皆さんもお試しください。

そのうち、7についても考えてみたい

関連記事一覧

  1. 夜風
  2. 細胞のやること
  3. 愛の煙草をふかしているギラン
  4. 変化する
  5. 笑う唇
  6. 点状の傷がつながる

コメント

  1. アバター
    • 松本 涼
    • 2020年 1月 18日

    3の話、面白かったです。
    自分の場合、激痛は記録することで耐えてきました。
    最大が10としたら今は幾つか。これを記録する。
    すると痛みそのものは変わらなくても何となく落ち着きます。
    8/10以上が続いた場合、経験的におさまる傾向にあります。
    まだまだ生ぬるい痛みしか知らないせいかもしれませんが。
    3の知恵、次回の痛みで試してみようかと思います。

  2. 玉野 モニカ

    以前、とりあえず、背中を丸めて目をつぶると、言っておられましたね。
    数字は目安になりますね。そして数字は霊界の言葉なのだそうです。
    霊界は3、この世は4、合わせて成ることが7。
    数字、知りたいことが、たくさんあります。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年1月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

コメント

最近の記事

  1. 夢の活用

    2020.12.1

    夢の活用
  2. 目を閉じて
  3. 三つの体
  4. 恐怖と不安
  5. ハーブティーとプロポリス
Banner
PAGE TOP