Blog いんぱるぱぶれ

死と思い出

死と思い出

死と思い出

死と思い出 死と思い出

長らく会わずにいた人が、すでに亡くなっていた。会わずにいても後悔しない人だと、心の整理をつけていたのに、動揺している自分に驚いた。よく考えてみた。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

どうしてその人と会わなくなったかと言えば、悪口を聞き飽きたから。自分を正当化するために人を悪く言い、言いながらさらに腹を立てている心情に愛想が尽きた。私は何とかその人の怒りを和らげようとしていたが、全く空しいことだと判った。そして私自身も、悪口のネタになっていたと他から知ったので、もうやめたと思った。その時すでに、10年が経っていた。

早くその人の前から消えるべきだった。愚図な自分を後悔したけれど、結局、自分も同じ穴のナントヤラであったと気付いた時は、ショックだった。これは絶対やめなくちゃ。私は学んだ。人の悪口は言うもんじゃないと。人を下に見て、馬鹿にしているからそうなるんだと。嫌な奴に出会ったら、それは自分なんだと思ってみる。すると確かに自分の中に同じ性質がある。こんなことを思い出して悔しがり、恨めし屋となって、私は動揺していたのだった。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

そして通り過ぎた。今やそこから遠くにいる。これは只今練習中の「おまかせの境地」の一環だった。思い出と死が一瞬、心の中でこんがらがったけれど、いつものように、そんなこともあったなぁで、流れて行った。そして悔しいとか恨めしいとかの負エネルギーも流れ去って、思い出にも死にも囚われることなく、今ここにいる。

私は前を向く。次にやるべきことは、前からくるから。どうしたらいいのかと思ったら、宇宙から直接やってくる大元の情報をキャッチしなくては。死と思い出、過去、現在、未来は同時に存在していると考えてみる。人はオプティカル(多次元)に生きているから。まだこういう考え方に、慣れていないんだけどね。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

私は恐れない。見たくないものを見ても!

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

関連記事一覧

  1. まなこ
  2. 描き直し
  3. 贅沢な時間
  4. まちがえた
  5. 人魚姫
  6. 準備中
2023年3月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

コメント

最近の記事

  1. 5月の満月

    2024.05.23

    5月の満月
  2. 悪魔の誘惑

    2024.05.8

    悪魔の誘惑
  3. 闇を聴く

    2024.03.27

    闇を聴く
  4. 前世の修復

    2024.03.5

    前世の修復
Banner

歩き回る植物

PAGE TOP