Blog いんぱるぱぶれ

波動の歪み

歪み

波動の歪み

歪み 波動の歪み

帯状疱疹、負けてません。ビランのお陰で痛みに強くなったので、これはどいうことだろうと、考えています。

最初は、骨格の歪みだと思っていました。神経痛って骨格の歪みから来るので、自分は左膝の怪我で、相当バランスが歪んでいるのが判っていたので、修正中だと理解していました。そして骨格の歪みを突き詰めていくと、波動の歪みなんですね。

ウィルスというのは、分子より微細な原子レベルの波動がきちんと働いていない状態と、波動の法則に書いてあったのを、いま身をもって体験中という感じです。薬を飲んでウィルスの働きを抑えるって、ことは波動をもとへ戻すってこと、じゃないような気もするんだけど…。薬は肝臓で吸収されて、腎臓から排泄されるので、腎臓の弱い人は薬の分量を減らさなければいけないと、お医者さんの説明を聞きながら(自分の腎臓は普通だ)30年ぶりに内科を受診したのだなぁと感慨に耽って、薬局で薬をもらって、そのまま稼ぎへ行ったのでした。この手の薬は飲み始めて3日くらいから効くと、開業医に務めていたころ、よく患者さんに説明していたのが、こんどはわが身になって、2.5日辺りから痛みが鈍くなってきたから、なるほど3日目だなと、思っていました。今日で3日目ですが、スタートが遅かったので(罹患して7日経っていた)これは痛みが消えるまで、長らくかかるんじゃないかと、思っています。

重要なのは、痛みが取れるより、歪みが修復されること。疱疹だけど、あれ?何だか腰の加減が変だなと感じたりして、そうそう、腰かけると身体が左に傾いてしまうことがあるので、これも修復中なんだなぁと。そもそも人は正常波動を宇宙から受信しているんだから、そのうち治るんだけど、それを少々早めたいわけです。一気に治すとショック状態になるというのは、絶対ホント。長らくかかって歪んだものを、一気になんて無理。こっちを少し、あっちを少しと修復していく。そして細胞のやることに間違いはない、もっと細かく原子や分子、中性子、陽子の精妙なレベルまで考えて行くと、いま起こっていることに、間違いはない。それを解釈するとき、間違えるのは自分だけど。間違わなくなることだって、あるんだから。見極めなくちゃね。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

描き直しをやってると、ついスピーチバルーンを描き込んでしまうなぁ。

彼氏の方は浸りきりということで。ほんとは、カーテンと髪の毛ゆらゆらの動きをつけなくちゃいけない…

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

関連記事一覧

  1. 消える時
  2. i am a woman
  3. エーテル考
  4. 満月水
  5. きいろ金色
  6. 通り過ぎる者
2023年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

コメント

最近の記事

  1. 悪魔の誘惑

    2024.05.8

    悪魔の誘惑
  2. 闇を聴く

    2024.03.27

    闇を聴く
  3. 前世の修復

    2024.03.5

    前世の修復
  4. トルマリン湯

    2024.02.24

    トルマリン湯
Banner

歩き回る植物

PAGE TOP