Blog いんぱるぱぶれ

桜・夢想

桜・夢想

桜・夢想

桜・夢想 桜・夢想

満開の桜の下に佇んで、微風に震える花びらを眺める。そう、あれは春の宵、辺りがとても明るいので、不思議に思って明り取りの窓を覗いたら、満開の桜だった。花灯りがこんなに明るいとは知らなかったので、そのまま階段に腰を下ろして、桜灯りにしばし浸った。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

それから桜の夢を見た。空を透かして咲く桜。さながら大合唱のような満開の花から花へ、私は蝶のように飛び回る。花々の囁き。訪なう小鳥たち、世界は桜の花に抱かれている。すべては一致している。私は満開の桜を抱きしめていた。

花芯のすっかり開いた花を見ていたら、なぜだか急に怖くなった少女のころを思い出す。横たわる裸身の恋人に、羊たちが憩う緑の地平線を見た詩人の霊感と同じく、満開の花は、ほの暗く温かい性の神秘への暗示。

美しい花に秘められた凄みと恐怖。恐怖の原因は未知だから、それは次へのステップだ。未知の恐怖に打ち勝てば、扉がひとつ目の前で開く。そうして自然の営みに隠れている摂理について、ひとつ理解が進むのだ。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

桜の花は、散り際の潔さが愛でられているけれど、私は桜灯りが教えてくれたことに、思いをはせる。それは全き自然、明日に向かって元気に生きる力、この世のすべてのものに与えられている正常な波動。たとえ絶望した時にだって、愛を思い出せるように。

もう葉桜になったけれど、桜の妖精たちは、自然の営みが滞りなく進むよう、今も働いている。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

桜・夢想

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

関連記事一覧

  1. ゴキはエイリアンではない
  2. 魂が欲しい!
  3. Mother and child
  4. しじま
  5. たまご料理
  6. ろうそく

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

コメント

最近の記事

  1. ネイビーヴァイオレット
  2. 夢のはざま

    2021.06.15

    夢のはざま
  3. 今癒されて

    2021.06.8

    今、癒されて
  4. シェル
  5. 天使からの電話
Banner
PAGE TOP