Blog いんぱるぱぶれ

虹

虹 

きのうの夕方4時ごろ、帰宅の途中、学校の角を曲がって、住宅街の道へ出ると、小さな女の子が補助輪付き自転車の練習中だった。おヒゲのお父さんに助けられながら、女の子は、前のめりになってこぎにくそうだ。まだ脚の力が弱いんだね。邪魔にならないように歩いて行くと、「あっ虹だ!」と、女の子が大きな声を上げた。見れば真正面の空に、大きな虹が出ている。え? 虹なんかあったっけ? 角を曲がったときはなかったような気がするんだけど・・・女の子とお父さんを通り過ぎること5メートル、左手にしだれ桜が下がっているところで足を止める。東京でこんなに大きい虹が見られるとは。驚いている私の中で、ああ、そういえばと、アッシジで見た虹がオーバーラップした。

あれはご降誕を迎えたアッシジの朝、まだ暗い内から起き出して、教会の聖堂に黙想に出かけた。外は霧雨、百合の香りがする聖堂に人影はない。薄闇に沈む天井には、聖フランチェスコに話しかけたという十字架がある。そのまましばし、十字架に見降ろされて時を過ごす。ああ、このイエス様なら、お声を出して話しかけるだろうと思われて、なんだか胸がいっぱいになる。暗がりに目が慣れると、右側の桟敷に修道士、修道女の方々が、並んで目を閉じておられるのが見えた。そっと外へ出ると、夜明けだった。霧雨が晴れて、朝日が昇る。青く透き通った光の中、澄んだ空気が辺りに満ちる。ここは聖なる方が生まれたところ。まだやわらかい朝日の中、バスに乗り込んで、人影のない道を行く。辺りは草地だ。光が白っぽいせいか、草の緑が銀色に光って見える。と、そのときだ。虹! 虹が二重にかかっている。バスを伴走するように、目線と同じ高さで虹がふたつ、輝いている。この瞬間、アッシジにいて、こんなに美しい眺めの中にいる。幸せだなぁ、よかったなぁ・・・あの感動、あの美しい時間から、私はずいぶん遠くへ来た。

今、目の前に、あの時よりも大きく、はるか天空にかかる虹を見ている。時間にして、1分、いや2分くらいだろうか? 大きな虹を独り占めに眺めていたら、通りがかりの人が二人、傍らにやってきた。自転車の女の子とお父さんの話を聞いて、虹に気が付いたらしい。すると間もなく、右側から薄墨を流すように雲が来て、虹は消えて行った。二人の人はすぐに立ち去ったけど、もう一度、見えないかなぁと、私はその場にとどまっていた。もう、見えないな。あきらめて歩き出す。家はすぐそこなんだから。2階の居間に着いても、大きな虹だったなぁと、しばし余韻に浸っていた。

アッシジから帰ると、空と草地の絵を描き始めた。地平線には、黒い服を着た後ろ姿の人が立っている。このテーマを繰り返し描いた。

この黒い服の人たちは私の兄だ。この世に生まれなかった兄たち。妹にあの世とこの世の秘密を解説してくれる兄は二人。兄弟たちの物語を紡ぐはずだったのに・・・黒い服の人は、いつの間にか猫子さんたちになり、草原に立つ兄弟たちは、乗馬用の長靴を履いたカップルになった。

大きな虹は希望の架け橋。橋のたもとには、金色の壺が隠されているという。金色の壺はどこにあるんだろう? 探しに行かなくちゃね。

関連記事一覧

  1. 一発決め
  2. 空に浮かぶ
  3. 黒服
  4. おとぎ話1
  5. 白の守護天使
  6. 花咲くプラスチック指

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ

コメント

最近の記事

  1. 目を開ける
  2. 三つの体
  3. 恐怖と不安
  4. ハーブティーとプロポリス
  5. 夏草の枯れるころ
Banner
PAGE TOP